FC2ブログ

今年こそヤセるぞ!・・・きっと

今年こそ!の想いとともに情報を集めてみます。

県岐商では、アルバイトが禁止されていました。

公認のアルバイトといえば、お正月の年賀状の仕分けなど。
それも、学校に申請しなくてはいけません。
バイト料は、部活動費として利用するなどでないとOKはでませんでした。


しかし、私が所属していた放送部は、公然とアルバイトができたのです。

それは、前回書いた、野球のウグイス嬢。

これを手伝うと、1試合500円のアルバイト料が出ました。

まぁ、1試合2時間前後かかるので、けして割りのよいバイトではありませんが、
部活動でありながら報酬を得られるというのは非常にありがたい。


また、高校野球ではなく、社会人野球の大会でも手伝いを依頼されることがあり、
これはアナウンスはプロの方がされますが、その周辺のお手伝いをすることで
高校野球より高額なバイト料が支給されました(いくらだったか忘れましたが・・・)
記念のテレホンカードをもらったのも覚えています。

学校公認の部活動をしているのに、お金がもらえる。

意外とおいしい部活だったわけです。
スポンサーサイト



テーマ:高校生活 - ジャンル:学校・教育
県岐商の中に不思議な部活があった。

『語学インターアクト部』というのがそれだ。

名前を聞いてもよくわからない。が、語学というのだから、文科系の部活であることは推測できる。

友人がこの部員だったため、実は自身の部活に行っているのが長いか、
こちらに来ている方がながいか?という具合だったのだが、
どれだけ通っても、この部活の真実の姿はわからなかった。

時々、休みの日に部員があつまって長良川の清掃活動に行く。
文化祭には英語劇をする。
部室ではアメリカ横断ウルトラクイズのボードゲームで遊ぶ。

そんな感じだった。

友人の話では
「英語の勉強をしたり、ボランティア活動をしたりする部」
なのだそうだ。

ちなみに、私は放送部だったのだが、文化祭の英語劇では、
なぜか語学インターアクト部の音響をして、しっかりメンバー扱いだった。


ところが、高校に“国際コニュニケーション科”が新設されたのを機に、
【英会話部】も新設されたのだ。

語学インターアクト部とちょっとかぶるじゃないか!
と、思ったら、語学インターアクト部は【インターアクト部】になってました。
語学、とられちゃった・・・

その後、彼らが文化祭で英語劇を続けたかどうかは
記憶にない。。。
テーマ:高校生活 - ジャンル:学校・教育